メニュー
参考書籍
運営者
琉球温熱療法院 高松加盟店
〒769-0103
高松市国分寺町福家甲97-10

<旧住所>
綾歌郡国分寺町福家甲97-10
※カーナビでお越しの方はこちらの住所で検索して下さい。



スタッフID:

パスワード:


インフォメーション
  
投稿日時: 2008/03/02 (1875 ヒット)

今月より、「ちゃ〜がんじゅ〜コラム」を書いていくことにしました。
「ちゃ〜がんじゅ〜」とは、沖縄語で「長生き、健康」という意味があるそうです。
琉球温熱療法を通じて得た体験やお客様の声を、定期的にお届けしていき、皆様の健康ライフのお役に立ちたいと思っています。

私と琉球温熱療法との出会いは、主人がきっかけでした。主人が購読している雑誌に「琉球温熱療法」の記事があり、その記事に興味を持った主人が、丹波笹山で行われた屋比久(やびく)先生の講演会に参加し、「琉球温熱療法」に感銘を受け、私に研修を受けてくるように勧めてくれました。私自身も、屋比久先生の著書を読ませて頂き、琉球温熱に大変興味を持ち、多くの方に喜ばれるだろうと確信し、20日間の沖縄研修に参加させて頂くことにしたのです。

沖縄本部では、毎日平均80人位の方が施療に来られています。全国より色々な症状の方が、近くのホテルに泊まりこみ、3日間とか1週間とか集中して施療を受けています。長い方は1ヶ月以上、民宿のような所に泊まりこみ施療を受けていらっしゃる方もいました。皆さんの「少しでも元気になりたい」という思いは、見ている私も願わずにはいられない気持ちになりました。

琉球温熱療法院をオープンして思うことは、今まで知らなかった病気が色々あるんだと、日々来られる方の身体を触りながら勉強させてもらってます。そして、施療に来られている方から「体調が良くなった。嬉しい。」という声を身近で聞くことができると、私自身の喜びとなり、財産となっています。この喜びを糧に、琉球温熱療法院を盛り上げ、皆様の癒しの場となれるように頑張っていきたいと思います。琉球温熱のみならず、温熱療法というのは、まだまだ世間的に知られていません。1人でも多くの方に、「琉球温熱療法」を知って頂き、未病の内に温熱療法を受けて頂ければ良いなーという願いを込めて施療していきたいと思っています。よろしくお願いします。